2005年10月02日

消火器セールス

リフォーム販売とB-netで詐欺商法について書きましたが、実は管理人にも苦い経験があります。何を隠そう、管理人自身がその昔、訪問販売にみごとに引っかかったのです。

もう昔のことですが、突然、何とか安全センターみたいな公的な印象を受ける名前のところが急に尋ねてきました。ドアを開けると、火災予防の点検に来ましたといいます。火災予防が適切に行われているかどうかを点検に参りましたといって、しばらく話しているうちに、別の人が、「XX号室、点検終わりました」っといって、階段を上がってきます。これはきっと全部の部屋を点検しているんだ、と素直な私は直ぐに点検をしてもらいました。結果は、ベランダと台所に必要ということで、2箇所に消火器を設置してもらいました。消火器代は一台あたり1万円くらいだったと思います。これで我が家も安全になったと一安心。
夜になって旦那が帰ってきました。早速、今日は良いことをしたというので、自慢げにお話しました。
途端に旦那の顔色が変わります。「消火器なんて、外の廊下にあるだろう。それにそんなものディスカウントストアに行けば3千円くらいで売ってるよ。要するに、君は引っかかったんだよ。」
ということで、直ぐに消費者保護センターに連絡して、どうやったらこの契約を無効にできるか、を問い合せてみることに。
係りの人に「よくいらっしゃるんですよね」と言われました。ただ、2個かった消火器は、この程度の部屋に2個は確かに多いので、契約の解除が出来そうですが、両方とも返すのは難しいだろうということでした。
なかなか連絡するのも大変なので、消費者保護センターにお願いして、契約の解除もしてもらいました。結局1台分はお金も返ってきました。

今なら、そもそもこういうのがきたら直ぐに断りますけどね。まだ、訪問販売法は、できていないころの話です。しかも、その当時は田舎からでてきたばかり(新婚です♪)で、そんな手で商売しているとは思いもよりませんでした。それに被害額も大したことがなくて済みましたしね。若かりし頃の純情な管理人でした。(笑)

ランキング参加中。応援していただけるとうれしいです

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。