2006年02月26日

内部リンクを活用しましょう

訪問者の方に、関係のある記事を読んでいただくのは、サイトの見通しが悪い、ブログの場合には特に苦労します。
そういうときに便利なのが内部リンクです。
(参考記事:リンク数に対するSEOの誤解を解く

同時に、内部リンクは、Google や Yahoo の検索エンジン対策としてもとっても有効です。検索エンジン対策だけを考えると、他のサイトへのアフィリエイトバナーやリンクも実は、そのアフィリエイトへの投票をしているだけで、決して得ではありません。たとえば自分のサイトから、すべてのページであるアフィリエイトサイトを紹介しているとすると、膨大な発リンクが、自分のサイトから、その対象となるサイトに向かっていることになります。
もちろん、アフィリエイトリンクをどこかに貼らなければ、アフィリエイト収入には結びつきませんから、アフィリエイトリンクを貼るなと言っているわけではありませんよ。

たとえば、自分のサイトのブログの記事が100ページあったとします。そこで、その100ページすべてから、特定のアフィリエイトサイトへの発リンクがあったとしたら、大変な投票をそのアフィリエイトサイトにしていることになります。特定のサイトに対して、100個のリンクをだしているということです。
記事中でなくても、記事が表示されるときの、サイドやトップ(上部)にバナーやリンクがあれば同じことです。

これをぐっと我慢して、特定のアフィリエイトサイトへのリンクは、記事の一つだけにした場合はどうでしょう。この場合は、アフィリエイトサイトへの投票(発リンク)は一つだけになります。これだけでは、アフィリエイトの機会が減るだけです。そこで、すべてのページから、その特定のサイトにバナーやテキストのリンクを張る代わりに、一つだけ貼っているページへのリンクを貼ります。
すると、その特定のページ(発リンクのあるページ)には、そのほかの100個(99個ですね)のページから、リンクが貼られることになります。少なくとも、99個のリンクを特定のキーワードでもらっているページは、その特定のキーワードに対しては、なんだか、重要なことが書いてあるに違いないと、ロボットさんは判断します。

そこで、そのキーワードで検索されるときには、その特定のページを検索上位に表示しやすくなります。
もちろん、競合の激しいキーワードでは、なかなか上位表示は難しいですけどね。

もう一つ、せっかくリンクを貼るのだから、rel と title を a tab につけておきましょう。
<a href="url">(アンカーテキスト)</a>
が普通のリンクですよね。これを
<a href="url" rel="bookmark" title="キーワード">(アンカーテキスト)</a>
としてみます。こうすると、そのアンカーテキストで表示されるキーワードが二度でてきますので、キーワード密度が黙って2倍になります。(?)実はこれで本当に2倍にカウントされるかどうかは確認したことがないので、はっきりわかりません。少なくとも損はしないと思います。
それから、title属性をつけておくと、リンクの文字のところにカーソルを持ってくるとtitle属性に入れたキーワードが表示されます。いかにもその先には、そのキーワードに関して重要なことが書いてあるみたいでしょ?

ちなみに上にも書きましたが、参考記事:リンク数に対するSEOの誤解を解くのリンクのところにカーソルを持って行ってみてください。おんなじ記事名が浮かび上がってくるでしょ?

ランキング参加中。応援していただけるとうれしいです

この記事へのコメント
こんばんわ。
これは良いことききました。
時間ができたらやってみます。
Posted by ひま太郎 at 2006年02月26日 20:16
こんばんは〜、ご無沙汰しております。
アンカーテキストとtitle属性が一緒の場合はどうなるんでしょうね?気になるところです。

ただ、あまり強引にキーワード密度を上げすぎるとスパム扱いされる可能性もあるのでご注意を!
(以前スパム扱いされました)http://tqm.seesaa.net/article/11121351.html
Posted by ぽん柑@HP・WEB収入 at 2006年02月26日 22:04
あがささん こんばんは^^
いつもありがとうございます♪
村主選手に対しての採点がおかしい感じがすると他のブログでも書いてましたね〜 実際の試合は 見てなかったんですが。
内部リンク おお〜! また読みかえして 実践してみます^^ がんばるぞ〜!!
またきますね☆

Posted by るる at 2006年02月26日 22:34
ひま太郎さん、こんばんは。

内部リンクを精一杯あげても損をすることは無いと思いますので、お試しください。でも、これもなかなか時間がかかりますけどね。
Posted by あがさ at 2006年02月26日 22:54
ぽん柑さん、こんばんは。

お久しぶりです。
確かに無理してキーワード密度を上げすぎると、スパム扱いされますね。私の実験サイトで精一杯あげて15%近くまで上げてみたことがあります。キーワードをこれだけあげようとすると、そのキーワードばかり書いている気分になります。
ぽん柑さんのように特定のキーワードばかりを入れると問題でしょうね。勉強になりました。
普通に文章を書いている分には問題ないと思いますよ。
Posted by あがさ at 2006年02月26日 23:00
るるさん、こんばんは。

本当に村主さんかわいそうです。
それにしてもやっとオリンピックも終わりですね。そろそろ、申告書書かないと追徴課税されてしまいます。また忙しくなりそう。
Posted by あがさ at 2006年02月26日 23:01
こんばんは、riseです。

なるほど・・内部リンクはGoogleさんにいいことを教えてあげられるんですね。

属性も付けて・・は非常に参考になりました、次回から使ってみたいと思います。
Posted by rise at 2006年02月26日 23:45
あがささん またきた〜♪
ありがと〜^^ 早速 変えてみたの!そしたら ちがうね〜☆ きがつかなかった〜 ほんと キーワードとか 考えて 構成できるようにならなくちゃ。 いままで 考えなさすぎ。。
ほんと 感謝感謝です! ありがとうございました^^ 
追徴課税されないように 仕上げてね〜♪
またきます!!
Posted by るる at 2006年02月26日 23:58
あがささんおはようございます〜!
今日の記事もとっても参考になりました!
見直してみたいと思います。

オリンピックは4位が多いですよね。(おしい!)転倒者も多いですし...。
いつものオリンピックとは何か違う気がしますよね。
Posted by きくっちー at 2006年02月27日 10:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/13826213

相互リンクができないなら内部リンクでいこう
Excerpt: 今回のテーマは管理人の悩みの種である相互リンクです。 なので内部リンクで補いましょう。その理由とは・・・ その前にブログランキング応援ヨロシクお願いします。 人気blogランキ
Weblog: 高校生がブログで検索エンジンから鬼のように集客する方法  研究中
Tracked: 2006-04-19 19:51

内部リンクでアクセスアップ
Excerpt: 今日はTOPページ相互リンクや、被リンクを増やそうといった事ではなく、 内部リンクを充実させれば「サイトのランクが上がるかも=アクセスアップ」 になると思ったので記事に...
Weblog: だいこん的アクセスアップ術
Tracked: 2007-11-30 12:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。